ごあいさつ

永井理事長の写真

一般財団法人コープみらい社会活動財団は、「食卓を笑顔に、地域を豊かに」することを目的に、2015年6月に設立され今年で5年目を迎えることができました。これは、多くの組合員の皆様のご理解とご協力のお陰であり、このことに心より感謝申し上げます。

この間の取り組みで特筆すべきことは2018年度から始まった「ひとり親家庭の高校生への返済不要の給付型奨学金事業」(以下奨学金事業)です。2018年度110名、2019年度112名をコープみらい奨学生として迎え、給付を行なっています。この奨学金事業の給付奨学金の財源は100%組合員の奨学金応援サポーターの「募金」で賄われており、協同組合に相応しい組合員の「助け合い」の取り組みです。組合員の皆様のあたたかい「助け合い」のお気持ちに感謝申し上げると共に、引き続き「奨学金応援サポーター」の登録の輪を広げ、奨学金事業の拡充を図りたいと思います。

もうひとつの特筆することは、「社会貢献活動表彰助成金事業」のひろがりです。これからの取り組みに助成を行う「コープみらいくらしと地域づくり助成」と、これまでの取り組みを表彰する「コープみらい地域かがやき賞」にはそれぞれ多くの団体から応募をいただいています。地域で起きている様々な「課題」に、知恵と力を出し合いながら多くの団体が活動されています。その取り組みに少しでもコープみらいとして応援できること、またそれらの団体が出会い、交流しあい、連携・協同の輪が広がっていることは大変うれしいことです。
引き続き、このことが「地域の財産」となり、地域の「課題」解決につながっていくことが、コープみらいのビジョン「食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協」実現の大きな力になることを確信しています。

これからも、一般財団法人コープみらい社会活動財団は多くの組合員や地域の皆様のご理解とご協力をいただきながら、いっそう役割を発揮してまいりたいと思います。

コープみらい社会活動財団
理事長 永井伸二郎