活動報告

「食の安全・安心と食育活動に関する事業」「高齢者福祉」「子ども・子育て支援」等社会活動の主要テーマに関する事業を財団として実施します。

2018年03月29日

埼玉県交通安全対策協議会「交通遺児援護基金」に10万円を寄付

 3月28日、コープみらい社会活動財団は埼玉県交通安全対策協議会「交通遺児援護基金※1」へ10万円を寄付し、埼玉県より感謝状をいただきました。
コープみらい社会活動財団では、事業者として交通安全および交通遺児を支える取り組みに寄与するため、1986年から同基金への寄付を毎年行っており、今回で33回目となりました※2。これまでの寄付総額は516万円にのぼります。
 埼玉県庁で行われた寄付金の贈呈、および感謝状贈呈式で、コープみらい社会活動財団の小林新治理事長は、「コープみらいの宅配事業は多くの車両を使っている。交通安全に寄与する責務がある。地域の幼稚園や保育園児を対象に交通安全教室も開催している。少しでも地域に貢献できれば」と挨拶。埼玉県県民生活部防犯・交通安全課の風上正樹課長から、「毎年の基金へのご寄付に感謝している。県内高齢者の交通事故死者数は全体の半数にのぼる。これからも交通安全の取り組みに期待したい」とコメントをいただきました。

※1「交通遺児援護基金」は、交通遺児の健全な育成を図るために埼玉県交通安全対策協議会が設立した基 金です。埼玉県交通安全対策協議会では、埼玉県からの補助金と個人・団体から寄せられた寄付金を、県内に在住する交通事故によって遺児となった18歳以下の子どもおよび18歳以下の遺児のいる世帯に援護金および援護一時金として給付しています。

※2 1984年から旧さいたまコープで寄付活動を開始。2013年からコープみらい、2016年からはコープみらいの「社会貢献基金」を基本財源として引き継ぎ設立したコープみらい社会活動財団が本活動に参加しています。

左から、埼玉県県民生活部防犯・交通安全課の風上正樹課長、コープみらい社会活動財団小林新治理事長、コープみらい駒形洋子組合員理事

左から、埼玉県県民生活部防犯・交通安全課の風上正樹課長、コープみらい社会活動財団小林新治理事長、コープみらい駒形洋子組合員理事

2017年05月22日

「コープみらい埼玉エリア 社会貢献活動助成金活動交流会」を開催しました

5月20日、コーププラザ浦和(さいたま市南区)で、「コープみらい埼玉エリア 社会貢献活動助成金活動交流会」を開催し、社会貢献活動助成金で2016年度ならびに2017年度の事業を支援した団体と2016 年度「地域かがやき賞」授賞団体から、埼玉県内の37 団体・58人をはじめ、地域で活動している組合員や役職員など合計123人が参加しました。

「コープみらいかがやき大賞、地域かがやき賞」授賞団体を紹介した後、NPO法人「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」理事長・栗林 知絵子氏をお招きした学習会「広がれ市民活動の輪 ~つながりを力に、地域を豊かに~」では、現在、子どもが置かれている貧困の状況や、少年との出合から団体を設立した経緯を説明いただき、「子どもたちのSOSを受け止め、地域の中で様々な人たちとつながりあいながら、何が出来るかを考えましょう」と呼びかけました。

分散交流に先立ち、助成団体を代表して2団体より助成金を活用した取り組みや成果について報告いただいた後、地域ごと8グループで助成団体と組合員が地域での連携や協同できることについて交流しました。

<活動報告いただいた助成団体と活動内容>
1. NPO法人エコ.エコ  
 小中学生を中心に、自然観察会や里山農業体験を実施。自然の仕組みを尊重する活動を展開。
2. くまがやまちの灯り実行委員会  
  11月第3日曜日「家族の日」に、親子で製作したダンボールの家を公園に持ち寄り、「灯りのまち」をつくるイベントを開催。

コープみらいは、ビジョン「食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協へ。」の実現をめざし、『一般財団法人コープみらい社会活動財団』の社会貢献活動助成金制度を通じて、地域での活動の推進、諸団体との連携を推進しています。

学習会「広がれ市民活動の輪 ~つながりを力に、地域を豊かに~」 講師:NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク 栗林 知絵子理事長

学習会「広がれ市民活動の輪 ~つながりを力に、地域を豊かに~」 講師:NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク 栗林 知絵子理事長

地域ごと8グループで活発な交流がおこなわれました

地域ごと8グループで活発な交流がおこなわれました

2団体から助成金を活用した活動や成果を報告
2団体から助成金を活用した活動や成果を報告
コープみらい 新井ちとせ理事長あいさつ
コープみらい 新井ちとせ理事長あいさつ
閉会後も活発な交流が続きました
閉会後も活発な交流が続きました

2017年03月29日

埼玉県「交通遺児援護基金」に10万円を寄付、県より感謝状をいただきました

3月28日、コープみらい財団は埼玉県の「交通遺児援護基金※1」へ10万円の寄付を行い、同日、埼玉県交通安全対策協議会より感謝状をいただきました。
コープみらい財団の小林新治理事長は贈呈式で、「交通安全に寄与することは事業者として責任がある。これからも安全運転を推進していきたい」と挨拶。埼玉県県民生活部防犯・交通安全課の風上正樹課長から、「お預かりした寄付金は今年も交通遺児のいるご家庭にお渡しし役立てられている。埼玉県では自転車の死亡事故が増えている。業務上だけでなく、私事の時も交通安全を心がけてほしい」とコメントをいただきました。
コープみらい財団では、事業者として交通安全および交通遺児を支える取り組みに寄与するため、1986年から本基金への寄付を毎年行っており、今回で31回目の寄付となりました※2。これまでの寄付総額は487万円にのぼります。

※1
「交通遺児援護基金」は、交通遺児の健全な育成を図るために埼玉県交通安全対策協議会が設立した基金です。埼玉県交通安全対策協議会では、埼玉県からの補助金と個人・団体から寄せられた寄付金を、県内に在住する交通事故によって遺児となった18歳以下の子どもおよび18歳以下の遺児のいる世帯に援護金および援護一時金として給付しています。
※2
1986年から旧さいたまコープで寄付活動を開始。2013年からコープみらい、2016年からはコープみらいの「社会貢献基金」を基本財源として引き継ぎ設立したコープみらい財団が本活動に参加しています。

右から、埼玉県県民生活部 防犯・交通安全課 風上正樹課長、コープみらい財団 小林新治理事長、コープみらい 菊地久美子理事

右から、埼玉県県民生活部 防犯・交通安全課 風上正樹課長、コープみらい財団 小林新治理事長、コープみらい 菊地久美子理事

2016年11月02日

「コープみらい東京エリア 社会貢献活動助成金活動交流会」を開催しました

10月22日(土)、コーププラザ秋葉原で、コープみらい社会活動財団共催「コープみらい東京エリア 社会貢献活動助成金活動交流会」を開催しました。

この交流会には、社会貢献活動助成金・助成団体(※1)と2015 年度「地域かがやき賞」授賞団体(※2)から、東京都内の12団体・21人はじめ、地域で活動している組合員や役職員など53人が参加しました。

※1:「コープみらいくらしと地域づくり助成」 埼玉県、千葉県、東京都内の 68 団体に助成しました。
※2:「コープみらいかがやき大賞」「コー プみらい地域かがやき賞」 (財)コープみらい社会活動財団が、団体の活動をたたえ、埼玉県、千葉県、東京都内の15 団体を表彰しました。

開会後、受賞・助成団体を代表して4団体より活動発表ののち、参加団体と地域で活動している組合員がグループに分かれ、お互いの詳しい活動内容を話し、今後の活動について協働・連携できることなどを交流しました。

お互いの活動を知ることでつながり、今後「何ができるか」という協働を考えるきっかけの場となりました。


【活動報告いただいた助成団体】
1.なぎさニュータウン自治会
2.NPO法人 パソコンアシストネットワーク
3.一般社団法人 ねこのて
4.フィリピン元「慰安婦」支援ネット・三多摩


コープみらいは、ビジョン「食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協へ。」の実現をめざし、2015年度6月に『一般財団法人コープみらい社会活動財団』を設立し、社会貢献活動助成金制度を通じて、地域での活動の推進、諸団体との連携を推進しています。

交流の様子

交流の様子

コープみらい社会活動財団 小林理事長
コープみらい社会活動財団 小林理事長
コープみらい 新井理事長
コープみらい 新井理事長

2016年07月11日

「コープみらい千葉エリア 社会貢献活動助成金活動交流会」を開催しました

7月9日(土)、コーププラザ千葉で、コープみらい社会活動財団共催「コープみらい千葉エリア 社会貢献活動助成金活動交流会」を開催しました。

この交流会は、市民団体とコープみらいが良きパートナーとして地域の中でつながりを持ち、より豊かな地域を目指すために、2014年度・2015年度かがやき賞受賞団体・くらしと地域づくり助成団体が集う活動交流会で、市民・NPO25団体44人をはじめ、地域で活動している組合員や役職員など93人が参加しました。

最初に主催者を代表してコープみらい社会活動財団 小林理事長より「本日の交流会を通じて団体同士のつながり・団体とコープみらいのつながりを創造し、情報誌などのインフラを通して活動連携を図っていきたい」と挨拶がありました。
その後、受賞・助成団体の活動発表があり、参加団体と地域で活動している組合員がグループに分かれ、お互いの詳しい活動内容を話し、今後の活動について協働・連携できることなどを交流しました。
また最後に行われたコープ商品を試食しながらの交流会では、名刺交換や情報交換などが活発にされていました。

お互いの活動を知ることでつながり、今後「何ができるか」という協働を考えるきっかけの場となりました。


【活動報告いただいた助成団体と活動内容】
1. NPO法人 上総掘りをつたえる会 : 上総掘りの技術を活かして東南アジアで井戸を掘る活動
2. アースドクターふなばし : 地球温暖化防止についての出前授業による啓発活動
3. フードバンクちば : 生活困窮者をフードバンク食品で支援する活動
4. 鷹の台を元気にする会 : 子育て中の親子と地域がつながるコミュニティスペースを運営する活動

各団体の活動発表を聞く様子

各団体の活動発表を聞く様子

各グループごとに活発な意見交換が行われました

各グループごとに活発な意見交換が行われました

2016年04月19日

「交通遺児援護基金」へ寄付、感謝状をいただきました

コープみらい社会活動財団(略称:コープみらい財団)は4月13日、埼玉県交通安全対策協議会を通じて「交通遺児援護基金※1」に10万円を寄付いたしました。また、同協議会より感謝状をいただきました。

松本晃彦埼玉県県民生活部参事兼防犯・交通安全課長は、「交通遺児のため、引き続き支援をお願いしたい」と謝意を述べられ、コーみらい財団の小林新治理事長は、「生協の課題は、組合員だけでなく、地域社会のためにどうお役立ちできるかということです。交通遺児たちのこれからの生活の一助になれば」とこたえました。

本基金への寄付活動は、生活協同組合コープみらい(本部:埼玉県さいたま市、理事長:新井 ちとせ、事業エリア:千葉県・埼玉県・東京都)が1986年から毎年行っており※2 、今回で30回目、寄付総額は477万円になります。

※1
「交通遺児援護基金」は、交通遺児の健全な育成を図るために埼玉県交通安全対策協議会が設立した基金です。埼玉県交通安全対策協議会では、埼玉県からの補助金と個人・団体から寄せられた寄付金を、県内に在住する交通事故によって遺児となった18歳以下の子どもおよび18歳以下の遺児のいる世帯に援護金および援護一時金として給付しています。
※2
1986年から旧さいたまコープで寄付活動を開始し、2013年からコープみらい、2016年からコープみらい財団で寄付活動に参加しています。

右から、松本晃彦県民生活部参事兼防犯・交通安全課長、コープみらい財団小林新治理事長、コープみらい吉田駒子理事

右から、松本晃彦県民生活部参事兼防犯・交通安全課長、コープみらい財団小林新治理事長、コープみらい吉田駒子理事

2016年04月19日

「コープみらい埼玉エリア 社会貢献活動助成金活動交流会」を開催しました

4月16日、コーププラザ浦和(さいたま市南区)で、「コープみらい埼玉エリア 社会貢献活動助成金活動交流会」を開催し、社会貢献活動助成金・助成団体(※1)と2015 年度「地域かがやき賞」授賞団体(※2)から、埼玉県内の33 団体・55人はじめ、地域で活動している組合員や役職員など100人が参加しました。

交流会では、「コープみらいかがやき大賞、地域かがやき賞」の授賞団体を紹介した後、助成団体を代表して、5つの団体より助成金を活用した取り組みや成果について報告いただきました。分散会では、助成団体と組合員が地域での連携や協同できることについて交流しました。

※1:「コープみらいくらしと地域づくり助成」 埼玉県、千葉県、東京都内の 68 団体に助成しました。
※2:「コープみらいかがやき大賞」「コー プみらい地域かがやき賞」 (財)コープみらい社会活動財団が、団体の活動をたたえ、埼玉県、千葉県、東京都内の15 団体を表彰しました。


<活動報告いただいた助成団体と活動内容>
1. 川越 igo まち倶楽部  
  囲碁をテーマに小江戸川越で「親子igo 教室」「igoキッズまつり」の開催。
2. 新座おやこ劇場  
  子ども達の出店「子ども市」と「パペ ット落語」で地域交流イベントの開催。
3. ふるさと交友会
  高齢者を中心に生涯学習をテーマにした取り組みと地域ボランティア活動。
4.『FACE TO FENCE』 プロジェクト
  小学校のフェンスを彩るお絵かきイベ ント『FACE TO FENCE』プロジェクト。
5. 埼玉県北部地域ファー マーズマーケット推進 実行委員会
 地域産業の振興と文化の広域発信、地産地消推進等を目指したイベントの運営を通した地域交流の取り組み。


コープみらいは、ビジョン「食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協へ。」の実現をめざし、2015年度6月に『一般財団法人コープみらい社会活動財団』を設立し、社会貢献活動助成金制度を通じて、地域での活動の推進、諸団体との連携を推進しています。

5つの団体から助成金を活用した活動や成果についてお聞きしました

5つの団体から助成金を活用した活動や成果についてお聞きしました

地域ごと8グループの分散会で活発な交流がおこなわれました
地域ごと8グループの分散会で活発な交流がおこなわれました
(財)コープみらい社会活動財団 小林新治理事長よりごあいさついただきました
(財)コープみらい社会活動財団 小林新治理事長よりごあいさついただきました
閉会後も交流が続きました
閉会後も交流が続きました

2016年02月04日

コープみらいの食育「たべる、たいせつ」シンポジウム報告

1.開催概要

  1.  開催日時・会場
  2. 2016年1月30日(土)10時30分~14時 ベルサール八重洲

  3.  主催(共催)
  4. 生活協同組合コープみらい、コープみらい社会活動財団

  5.  参加人数
  6. 350人

  7.  招待団体・報道等
  8. 川越地域生協出荷組合、ジャパンフリトレー(株)、東芝メディカルシステムズ(株)、(株)千葉日報社、JA全農ミートフーズ、国際学院埼玉短期大学、大阪いずみ市民生協、かりや愛知中央生協、生活協同組合ユーコープ、いばらきコープ、コープにいがた、日本生活協同組合連合会、千葉県生活協同組合連合会、東京都生活協同組合連合会、他
    【取材】(株)千葉日報社、生協流通新聞、日本食糧新聞、酪農乳業速報

2.開会挨拶

コープみらい財団理事長から、コープみらい財団の設立とその活動について紹介しました。今回のシンポジウムは、財団の社会活動の主要なテーマに関連する事業「食育に関わる事業」のひとつとして共催としたこと、また、コープみらい財団を広く知っていただく機会としたことをお伝えして、開会の挨拶としました。

挨拶する小林理事長の写真
小林副理事長の開会挨拶(コープみらい財団理事長)

3.第1部 基調講演「もったいないが食育の基本」

料理人の森野 熊八さんに「もったいないが食育の基本」をテーマに、楽しく笑いあふれる講演をしていただきました。食育とひとことで言っても幅が広く、日ごろの買い物を含めた生活の中に様々な食育があることや、食品を残すことや捨てることなど、社会が抱えている食の課題を分かりやすく学ぶことが出来ました。

例として、スーパーの棚の奥から日付の新しい牛乳を購入することなどが、消費者側の都合や意識で今の食文化を構成している要因であり、また、食品を提供する側の課題となっていることなど、あらためて気づかせてくれる講演でした。

講演中の森野熊八さんの写真
森野 熊八さんの講演

4.パネルディスカッション

〔パネリスト〕

森野熊八氏(タレント 料理人)
五明紀春氏(女子栄養大学副学長)
鶴岡佳則氏(関東農政局経営・事業支援部 地域食品課長)

〔コーディネーター〕

新井理事長

パネルディスカッションの様子

最初に、齋藤理事より、コープみらいの食育「たべる、たいせつ」の実践としての食育プログラムのプラン(2)食文化の学びと(5)食育出前講座について報告した後、コープみらいと行政や諸団体などと連携した取り組みについて、パネリストの皆さんからお話しをいただきました。

コープみらいカレッジの講師でもある鶴岡さんからは、築地市場が大人の食育のための食文化の教科書であること、美味しくて安全な食には適正な価格があることを紹介していただきました。五明さんからは、コープと連携して開発した「からだ健やかシリーズ」のお話しから、この10年間でお弁当を食べることが日常化し、弁当の販売者が食卓の責任を負っていることなど発信していただきました。森野さんからは、美味しい料理を食すことが出来るのは、生産者と販売する方の存在があってのことと発言がありました。

次に、食の安全、安心への関心が高まる中、消費者として身につけておきたいことをパネリストの皆さんからお聞きしました。五明さんからは、誰に食事というものを教えてもらうかというと、食文化を伝える場が失われた現在、食を提供する企業が楽しく充実した日常生活を送るための食文化のモデルとなること。ひとりひとりが食べ方の読み書き能力(フードリテラシー)を身に付けることを強調されました。鶴岡さんは、メディアの影響で食文化の継承が難しくなっている今こそ、正しい情報や知識を身につける必要があること、選食力として五感を使うことの大切さを訴えました。

最後にコープみらいの食育に期待することをお聞きしました。鶴岡さんからは、幅広い取り組みと多くの人が手をつなぎネットワークすること。五明さんからは、食のスタンダードの発信拠点としての役割を担うこと。森野さんからは、コープみらいが生産者と向き合う姿勢に共感したことから、世界中の食材を用意することで子どもに食を教える役割を担うことを発信していただきました。

それを受けて、齋藤理事から、これからも食卓を笑顔にすることがコープみらい役割との決意表明がありました

5.第2部 知って、しゃべって、つながって おいしいみらい『食育のひろば』

第2部の『食育のひろば』では、コープみらいの食育「たべる、たいせつ」の取り組みを体験しながら知らせる場としました。

「食育体験ブース」の"親子で学べる食育体験コーナー"や"食育出前講座コーナー"では、地域で進めている食育の活動を実際に見て体験する展示をおこないました。食育をすすめるヒントになったという声や、展示している活動ツールがたいへん参考になったという感想が来場者から寄せられました。

食育体験コーナーの写真
親子で学べる食育体験コーナー

「コープみらいの食育ブース」では、コープの事業や関係団体の取り組みを紹介しました。関東農政局とコープネット商品検査センターによる嗅覚・味覚のテストや、日本の伝統食としてのかつお節削り体験、女子栄養大学の取り組み紹介と併せた「からだ健やかシリーズ」弁当の販売などは、第一部のパネルディスカッションで聞いた取り組みを、その場で体感出来るという点でたいへん好評でした。

食育出前講座コーナー
食育出前講座コーナー
商品検査センターによる味覚テスト
商品検査センターによる味覚テスト
来場者でにぎわう食育のひろば
来場者でにぎわう食育のひろば

6.まとめ

コープみらいの食育「たべる、たいせつ」を広く社会に発信するために、生協の組合員だけでなく、幅広く参加を呼びかけました。第1部、第2部とも来場された方の笑顔があふれ、「食卓を笑顔に!」を伝えることが出来ました。

また、コープみらい・コープみらい財団の食育の取り組みに対して、食の安全・安心のための継続した取り組みや、食育の発信拠点としてこれからも取り組みを続けることへの期待が寄せられました。

今回の企画を、コープみらいの食育「たべる、たいせつ」の次のステップへのキックオフとして、関係団体との連携を強めながら今後も取り組みをすすめます。